スーパーモデル達の姿勢フォルム

※再掲載記事

 

世界で活躍するスーパーモデル達のその抜群のスタイルを支えているものは何なのか?
それを考えたときにまず思い浮かぶこと、完璧なスタイルには完璧な姿勢が必要不可欠だということ

今回はスーパーモデル達の圧倒的なスタイルの良さから学ぶ、
姿勢の重要性について解説したいと思います

理想的で完璧に近い美姿勢とは?


長年「ヴィクトリアズ・シークレット」でモデルを勤める
アンドリアナ・リマ(Adriana Lima)

スーパーモデルのように気品とバランスを持ち合わせたスタイルのキーワードは
「イーブンアウト(均等化)」

スーパーモデル達の姿勢フォルムは、しっかりと身体の中心に軸があります

肩の高さや、胸の高さに左右でズレがなく、立ち姿が前のめりになっていたり、反り返ったりせず、堂々とした立ち姿がランウェイで支持されてるいるのでしょう

体の軸が正確にイーブンアウト(均等化)されているかが、美姿勢が保持されている指標になります

そのため体の芯となる体軸は身体を前後、左右を均等に4等分する中心に位置させるべきで、折れ曲がって歪んだり、左右どちらかに捻転してもダメです

黄金比という言葉があるように、人間は完璧に均等化されたものに眼を奪われます
スーパーモデル達が鮮やかなドレスをはじめ様々な服を着こなし、多くの人を魅了するのはバランスのとれた美姿勢をもつのも理由の1つという訳です

あなたも鏡で、身体が真っ直ぐにイーブンアウトされているかチェックしてみましょう

左右差のイーブンアウト


女優としても活躍する
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)

左右に高さのズレがない安定したバランスが堂々とした立ち姿や、キャットウォークを惹きたたせます

この目安は鼻─顎先─みぞおち─おへそで繋がれる正中線に対して
・肩の高さ
・鎖骨の高さ
・胸(乳首)の高さ
・骨盤の上前腸骨棘(脚の付け根にある 骨盤の出っぱり)の高さ
これらが平行にあるか、
そして体軸が正中線上から左右どちらかに傾いてないかです
※正面と背面を見てチェックしましょう

全ての高さに違いがある
上記の部位すべてが平行でない場合は、全身の筋肉が完全にバランスが崩れているので本格的な矯正が必要

肩の高さだけに違いがある
肩や首まわりの筋肉のバランスが崩れて肩甲骨の位置がズレている

鎖骨の高さだけに違いがある
首や胸まわりの筋肉のバランスが崩れて鎖骨の位置がズレている(※胸鎖乳突筋をチェック)

胸の高さから違いがある
腸腰筋や腹筋、腰部の筋肉、脇腹の筋肉のバランスが崩れて体幹全体がズレている

骨盤の高さだけに違いがある
腸腰筋や腹筋、臀部(お尻)の筋肉が左右でバランスが崩れて骨盤に傾きが生まれている

正中線が左右どちらかに傾いている
(全体的に左右の高さは揃っているが下半身より上半身の中心線が左右どちらかにズレているなど)
肩甲骨の位置が外方向にズレているか、筋肉量が左右で大きく違いがありバランスが崩れている

前後差のイーブンアウト


年収31.6億円の最も稼ぐモデル
ジゼル・ブンチェン(Gisele Bündchen)

ハイヒールを履いていても、前のめりにならない抜群のボディバランスこそ、ランウェイでの自信と気品を与えます

身体を胸側と背側で前後を均等に分ける目安となるラインは、
くるぶし─大腿骨大転子(骨盤部の横の出っぱり)─肩峰(肩の先端)―乳様突起(耳の後ろの出っぱり)
※右側面と左側面を見てチェックしましょう

姿勢全体が前傾している
くるぶしに対して上3点すべてが前方にある状態

骨盤部のみ前方に突き出ている
お腹だけ前に突き出して、いわゆる反り腰と下腹が目立つ状態

頭部のみ前方に突き出ている
横から見たとき肩の位置に対して、耳の位置が前方に突き出ている状態
(ストレートネックや下顎の歪みを併発していることが多い)

骨盤部と頭部が前方に突き出ている
横から見たとき全身が大きくS字に曲がった状態
(猫背と反り腰を併発していることが多い)

これらの問題は、
後面の筋肉(ハムストリングスや臀部の筋など)が弱く、前面の筋肉(大腿四頭筋や腹直筋、胸鎖乳突筋など)に筋収縮が起きてバランスが崩れていることが予測される

捻転差のイーブンアウト


弱冠20歳で1000万ドル稼ぐ
ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)

これは身体を横から見たとき上半身が捻じれていないかがチェック項目です

右半身が前に、左半身が後ろに捻れている

左半身が前に、右半身が後ろに捻れている

この問題は片側前面(特に腸腰筋)の筋収縮と、その反対側後面(特に腰方形筋)の筋収縮が起きていることが多い
これらは身体を捻った状態で仕事をするエステティシャンなどに多

理想的な姿勢フォルムとはこのように、体軸や体幹のバランスが前後左右に「イーブンアウト(均等化)」された状態が自然にとれることです

スーパーモデルの美姿勢がもつメリット


日本でも大人気の
ミランダ・カー(Miranda Kerr)

プロポーション美化

顎が引かれ、胸を張り、まっすぐに立てることで、身長が更にスラッと高く見えて、女性なら胸も大きく見えて、体に”くびれ”が出やすくなります
良い姿勢はそれだけで”好印象”を与えますが、単純なビジュアルが大きく磨かれます

ムーヴメント(動き)がより軽快になる

“頭部の重み”や”姿勢の湾曲”から起こる筋肉、筋膜の収縮から解放されたとき、これ以上ないくらい身体は軽くなり、機能性があがり、関節もスムーズに可動するようになります
それが、優雅でしなやかなキャットウォークへとつながります

痩せやすく、太りにくくなる

スリム体型をキープしなければならないスーパーモデル達
美姿勢は内臓の位置も正しくするので、消化や排泄の促進されます
そして筋収縮が軽減するので身体は活発になり血液循環がUPしま
そうなると基礎代謝があがって痩せやすく太りにくくなります

姿勢が悪化するデメリット

もしあなたが、スーパーモデル達のような美姿勢に憧れていなくとも、
歪んだ姿勢をそのままにしておくと大きな問題が生まれます

将来に悪影響

姿勢の悪化は骨格だけでなく筋肉、筋膜、内臓、神経、ホルモン等あらゆるものに死のリスクまで高めるストレスを与えます!
なにより重要なのはある程度の年齢まで姿勢を曲げたままでいると、その形状に骨が変形して「もう治らなくなる」ということ
あなたは老人になったとき、曲がった腰で歩きたいですか?

老けるのが早い

曲がった姿勢は、美肌の維持などアンチエイジングに必要不可欠な内臓やホルモンの健康を損ねます!
さらに脳機能にも大きく影響します(一説によると認知症のリスクも高めるという話です)
このように単純に筋肉が衰える老化だけでなく生理的機能や思考力にまで影響がでるということです

太りやすくなる

姿勢が良ければ「痩せやすく、太りにくい体になる」という効果は逆を返せば「姿勢が悪ければ太りやすくなる」ということ
姿勢が曲がることで身体の動きが制限され、筋肉が縮んで固まってしまうことで代謝機能は下がります
さらに猫背は内臓を下垂させるので腸や子宮は圧迫され、便秘や生理痛、冷え症などの原因にもなります

顔が歪む

身体の歪みと顔面の歪みは密接にリンクしています
体が右に捻れてしまう歪みをもつ人は、顔も右側が前に捻れているような歪みを起こすことが多いんです
側湾症を持ち身体の左右差が大きい人などは顔も左右で大きく違うなどの影響が見受けられます
このため姿勢の歪みは顔面まで大きく悪影響を及ぼすのです
顔が左右で違うと嘆いてるあなた、まずは体ですよ!

このようにあなたも、スーパーモデル達の美姿勢に見習って、正しく美しいボディバランスを形成しましょう

関連記事

ページ上部へ戻る