Hot pepper攻略! 集客媒体トライ&エラー

(2020/12/19 過去投稿 再UP)

【Hot Pepper Beauty】

自身のスタジオを開業してから、5年以上利用しています

そのため、リクルートの方針から、その仕様やサポート体制が年々変化するため、使い勝手もそのたび変わるので(2020年現在)の感想としてお伝えします

 

まずHot Pepperとは、(正式には 「Hot Pepper Beauty」)

 

日本の数あるウェブ予約サイトでシェア86%の実績をもつNo.1の知名度がある集客媒体です

 

そのため、大抵の見込み顧客はHot Pepperを利用していて、行きたいサロンの“目星”がついていないとき、ここからサロンを物色して、予約しているということです

 

主に美容室、エステサロン、整体院、ネイル/アイラッシュサロン、美容クリニックを掲載しています

最近ではパーソナルジムの掲載も増えてきています

 

どの業態かで、プランや料金、特集などは変わります

※私の経営するEVOLCEはリラクゼーション・マッサージ部門に掲載していますので、それをもとに情報をお伝えしています

※治療も目的とするクリニックや整骨院は、ホットペッパーに掲載ができません

 

十数年前はフリーペーパーとPCでの集客媒体でしたが、昨今は利用者の大半がスマホでの予約だそうで、スマホ専用サイトやアプリも開発されて、簡便化によってまた利用者が増加しているみたいです

 

主な利用者は20~40代の女性で、最近では男性や10代と50代後半にもマーケットを広げて、利用者獲得に力を入れている傾向です

 

メディアで紹介されている人気店でも掲載していることから、その有用性が伺えます

 

知人の紹介などで小じんまりやっていきたい人や、

独自の集客ラインをもつ人でもなければ、

新規獲得するためには、とりあえず掲載しておくに越したことはないでしょう

 

ただし、効果がよくでる地域性や、ターゲットの性差・年齢層によるものもあります

 

うちの方針では、利用者が多く来るであろう都市部や人気エリアでの出店なことと、ターゲットとなる層がもろにHot Pepperの利用者層なので、使わない理由はなかったです

 

掲載料はピンキリで、サービスや掲載順位、そして掲載地区によって価格は上下します

都市部は高く、地方はその分安いようです

私は、いままで下から2番目の安いプランから、真ん中上位の割高なプランまで利用した経験があります

 

1人サロンでのHot Pepper掲載メリットはたくさんあります

 

 

Hot Pepper掲載メリット① ウェブ予約管理アプリの「サロンボード」が無料で使えます

 

正直このサロンボードの機能をすべては使いこなせていないのですが、以下の4つはかなり有用だと思います

 

・予約管理

15or30分単位で予約を管理できます(施術時間設定は5分単位でも可)

操作が簡単で、予約表代わりにも使えます

自分のスマホからも操作できるので、自宅や出先でも管理・調整することができて非常に便利です

 

・集計データ分析機能

自店のページ・ブログ・クーポンへのアクセス数や、アクセスした人の予約までの成約率、リピート比率・月々の総計などを確認できます

 

私はページアクセスの推移が毎日わかるので、トップ写真/キャッチコピー/ブログなどページを改装した翌日の注目率の確認して、問題修正に活かしています

 

・顧客データ管理

顧客のHot Pepperに登録した際の個人情報がわかり、来店後にわかった情報なども後から付け足せるし、簡単な施術データの登録もできるので電子カルテ代わりにも使えます

 

うちではLINEで代替しているので使用していませんが、登録されているメールアドレスあてにメッセージ配信もできます

 

・レジ機能

レジのアプリいらずになるので有用かと

その日の顧客会計データや売上を累積できます

 

Hot Pepper掲載メリット② 「専属の担当」がつくところです

 

最安プラン以外では、掲載内容について実際に店舗まで来て相談や窓口になってくれるホットペッパー営業担当と、サイト掲載用の記事作成担当が2人ついてくれます(以前はサロンボード管理の担当と計3人だった)

 

この担当の方々が、常にHot Pepperの利用をバックアップフォローしてくれています

 

ただし、これは他の店舗に比べると多いそうですが、うちの場合はそれぞれ年間2.3回はかわっています

人事異動や産休、寿退社など理由は様々ありますが、たぶん1年以上どちらも変わらないのは稀だと思います

 

それに正直いって、担当が有能かどうかの当たりはずれはあるとは思います

 

記事作成では、たまに手抜きなん?って内容で送られてくることもあるので、結局は自分で全部作ることがほとんどです

 

営業の方々は、全員が一生懸命で優秀でしたが、たくさんの担当を受け持ってることもあり、パーソナルな提案よりもマニュアル的な提案をされることも多々あります

 

そのため、全部を担当さんの言う通りに聞いてみることは、現在ではあまりなくなりました(もう大抵のアドバイスは試してみたから)が、たまにハッとさせられるような新しい手段はいただけます

 

それに、男の私一人でやっていた時期に女性の担当がつくことで、女性の考え方や意見をもらえることはとても役に立ちました

Hot Pepper Beautyにも男性の担当がいらっしゃるので、女性のみのサロンでもこれは有用だと思います

 

オフィスでは、女性社員と男性社員が度々意見交換して、各々のアドバイス内容をブラッシュアップしてくれているようで、こちらが新しく提案することを中立な意見で評価してくれます

 

他にも担当さんには、アイデアや意見をまとめてもらったり、分析データ起こしやマーケット調査などを代わりにしてくれて、様々なフォローがとても助かりました

 

Hot Pepper掲載メリット③ 「SEO」が最強

 

※SEO=ウェブ検索結果で自分のサイトページをより上位に表示させる施策

 

Hot Pepperのサロンページは、どのサイトよりも上にでてくるようになっています

 

自分のサロン名を検索したとき、自社のホームページよりも先に表示されるくらいSEOが強いので、他の追随を許さないくらい力を入れています

 

そのため、検索しても1ページにも出てこないような下手なホームページを作るくらいなら、Hot Pepperに掲載するだけで十分です

 

Hot Pepperのサロンページは、視認性もよく、店舗データが写真と共にページ別でわかりやすく観せれるので、ホームページよりも集客効果はあるでしょう

 

もちろんホームページがあるほうが、自分の信憑性や、集客のプラットフォーム、顧客に届ける情報量も増やせるので、あるに越したことはないですが、開業して店舗としての実績を積むまでの半年から1年くらいは、Hot Pepperページオンリーでもいいと思います

 

さらに、Hot Pepperには、口コミ評価を集計して作られるエリアランキングもあり、トップ10入りしていたら、例えば「大阪市 骨格矯正」など、Hot Pepperとは関係のない検索でも、このHot Pepperのエリアランキングが上位にヒットするので、ここから自店への流入が見込めるランディングページになります

 

Google利用者の場合は、検索結果よりもマップ機能とリンクした項目が、1番上に表記されるので、マップ上で店名を上位に持ってくるMEOサービスが重要になります

 

とはいえ、Hot Pepperに掲載した以上はSEOにはもうお金をかけなくていいはずなので、その分こちらに尽力できます

 

Hot Pepper掲載メリット④ Hot Pepper Beautyのサービスが充実している

 

大会社リクルートの豊富な資金力と経営戦略で開発されているHot Pepper Beautyは、サイト/アプリ機能のアップグレードも多く、サロンオーナーにも、消費者にも便利なサービスを提供してくれています

 

お得感があるHot Pepperポイントも、もし自分のサロンで大量に使われても、後からリクルートから返金されるので、実質Hot Pepper Beautyのおごりです

 

他にも、

サロンページに、Indeedとタイアップした求人募集ページも付与できたり、

 

エリア検索、特集記事、フリーワード検索、サロンタイプ別検索(整体/エステ/カイロなど)の他にも、

クーポン検索では、クーポンカテゴリに用途をタグ付けしておくことで、その特定ニーズがある利用者にリーチするようになり、そこからもサロンページに流入を見込めます

 

「検索ワードランキング」も担当の方から、月別の結果をデータで教えてもらえます

 

自分のサロンページに繋がるQRコードやURLが記載された「ショップカード」「ステッカー」も無料でもらえます(あとHPBオリジナル卓上カレンダーも無料でもらえる)

 

1番助かるのは、年間6回もHot Pepperから委託されているプロのカメラマンさんによる90分間ものサロンイメージ写真の撮影を無料でしてもらえることです(Hot Pepper Beauty以外の媒体に転載は禁止ですが)

 

自分でカメラマンさんを用意すると、本来なら数万円もかかる撮影がタダで出来てしまうのは、太っ腹としか言えません

 

Hot Pepper掲載のデメリット

 

反対にデメリットは、とにかく「掲載費用が高いこと」です

しかも、その費用は度々上がり続けています

真ん中くらいの価格プランでも大阪市なら月20万くらいします(大阪市は都心部価格)

しかも、Hot Pepper上からウェブ予約した顧客売上からは2%のマージンを取られます

 

それでも、都市部では掲載数が多すぎるので、見込み顧客の食い合いになり、新規集客は良くないので、費用対効果は悪いといえます(掲載費用と集客できた新規売上がトントンで良いほうと言える)

 

さらに当たり前ではありますが、掲載料をかけている店舗の方が上に掲載されるので、安価なプランで掲載する個人サロンではエリア検索でのリーチでは見つけてもらいにくいです

 

それに契約は確か1年縛りで、途中でプランUPはできます(3ヵ月お試しでプランUPもできる)が、逆に1年間は下げることはできないので、途中で業績が悪くなっても解約できません

 

ただし裏ワザとして、2年以上掲載すれば、契約更改のタイミングで1年掲載の途中で解約することを申請すれば、残り期間は無料で店舗のページが残り続けてウェブ予約もできます(現在のこれに関する契約システムは定かではありません)

 

そしてもう1つのデメリットが「掲載NGワードが多すぎる」ことです

「治療」はもちろん「噛み合わせ改善」もアウトで、パーソナルジムの掲載は推進しているのに「ダイエット効果」「体型改善」「痩せる」と紐づけることはアウトなど、かなり理不尽な規制が多々あります

 

こちらは書き出したらキリがないほど、例があるので割愛しますが、整体やジム業態は、かなりフィールドを狭められて不利になると言っていいでしょう

 

正直、3.4年に1回くらいのペースで上がっていくプラン料金と、その割にコストパフォーマンスや掲載内容の自由度もそこまでよくないことに、やってられなくなるときもあります

 

しかし、それでも他のどの予約サイトの新規集客よりも確実に集客ができて、SEOや担当サポートの充実さ、サロンボードの利用も可能ということで考えれば、安価なプラン(大阪市では5.5万円)で契約するならお得という気もします

 

ネット予約サイトではリクルート一強の時代がこれからも続くと思われるため、よっぽど充実した集客ラインを築くまでは掲載しておくべきかなというのが結論です

 

ちなみにで言うデメリットがもう1つ

それはホットペッパーに掲載したとたん、その電話番号を見て「山ほど営業の電話がかかってくる」ことです

 

ホットペッパービューティーは、開業予定の月から掲載できることもあり、私は場合、オープンは月の中旬ですが、月初めから“オープン予定”として掲載を始めました

 

しかし、契約したときはまだ店舗の電話回線を引く前だったので、自分のスマホの番号が記載されることになったのですが、掲載日初日には30件もの営業電話がかかってきて、どの電話業者も、うちがまだオープンもしていないことをちゃんと確認もしないまま自社サービスを営業してきたことにイライラしました

 

その後、私の携帯番号は1週間ほど掲載されたのですが、その間、毎日5~10件ほど電話がかかってきました

 

その1週間しか携帯番号の掲載していないにも関わらず、いまも月に1.2回ぐらいはスマホに直接の営業電話がかかってきます

 

電話先の中には、自社のネット予約サイトへの有料掲載を持ちかけてくる狂った営業もあります

ネット予約サイトのくせに、ホットペッパーのページを見て電話営業してくる“ネット集客力がない”ところは一切無視していいです

 

そのほとんどが聞いたこともないような集客サイトです(しかし営業してくる会社は何回も担当を変えて電話してくるので、数社の名前は「またか」と思うくらい聞きなじみます)

 

私なりの見解と攻略法

 

Hot Pepper側からは、データとして、クーポン20枚、ブログ50件、口コミ100件を越えた場合に集客率が上がりますとも言われましたが、これに関しては正直あまりあてにならないと思われます

 

うちもそう言われて、すべて段階的にクリアしましたが、そのあと劇的に新規予約が増えたかというとそうでもありません

 

まぁデータ“平均”ということですし、そういうサロンもあった程度のことでしょう

 

集客の原則としては「興味を引く」ことが重要であるはずなので、

アイキャッチになる写真やタイトルコピーには色々工夫する必要があると思います

 

他にも特集記事の書き方、ブログ掲載、キャッチコピーなどを改善しながら、データ集計推移でその反響率をチェックして、正解を見つけるしかありません

 

ただし、私が思うに時代の流れや、世間の状況は移りかわるものなので、ずっと刺さり続けるような正解はないのかもしれません

 

これにこだわりすぎるとドツボにはまるので危険かなとも思います

 

私がホットペッパーの新規予約を増やす唯一の正解と思えることは「質の良い口コミを貯める」という基本的なことです

 

上記したように、以前は口コミの数が重要とされて、100件以下の店舗は無視されますとも言われていたようですが、

最近では各サロンに「5つ星評価」が組み込まれ、より5の口コミ評価を出している店舗が視認しやすくなりました

 

そして総合評価の高いサロンが優遇されるのと反対に、いままで「口コミ割引」などで評価を関係なく口コミ数を荒稼ぎしていたサロンは、平均評価が低いと爆死するという憂き目にあうようになりました

 

ただし、口コミ10件でもすべて評価5なら5つ星になるのに対して、口コミ100件ですべて高評価でも、総合評価4を獲得した時点で平均は下がってしまうため4.8星になるということが起きます

 

そのため古参のサロンは、せっかく今まで貯めた口コミの母数が多いことが災いして、評価が低く見られるという不公平感が否めない事態も起きています(うちの店のことです(苦笑) )

 

エリアでの口コミ評価ランキングでも、1位が口コミ15件の星5、10位は口コミ140件星4.8評価という結果がざらにあるため、むしろ口コミ数を集めている店舗が割を食っている状態です

 

このことから、Hot Pepperを新規導入するなら、個人サロンの今のところの成功法は、ひとまず安いプランで契約して、20件ほど星5の評価を稼いだら、エリアの口コミ評価ランキングでは上位に食い込めるため、それなりの集客力が見込めます

 

ただし、その20件を知り合いに頼むヤラセをすることは、見込み顧客にとってはフェアだとはいえない気がするので、プロフェッショナルとしてはオススメしません

 

関連記事

ページ上部へ戻る