人格を育てる7つの習慣

※再掲載記事

おそらく世界で1番有名であり、各方面で多大なる影響力を発揮したであろうスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」

リーダーシップ論やコンサルタントとして活動したビジネス思想家の彼が提唱するこの習慣は完全無欠の人間を考えるときにやはり必要なものなので、独自の見解を織り交ぜつつご紹介したいと思います

最も重要なのは人格を育てること

どんなテクニックや、知識があってもそれを扱う人間の根幹たる人格があってこそ真の価値なのだとコヴィーは言います

器量や度量が人として浅はかなら何をしようとそれは小手先のものとなり成功は長続きしないということです

勇気・正義・克己・親切・謙虚・節制など人間が持ち得る理想的な人柄と品格が必要なのです

正直、幼少期を過ぎた大人が根幹から変わることはそうそうあることではないと私は思います

しかし、「人格を変えること」もスポーツや勉強と同じで、トライ&エラーを重ねながら努力と練習をつめば変われる
そのためのガイドラインがこの“7つの習慣”ということです

自分をより良く変えようと誓う「意欲」
それがなぜ必要なのかを理解する「知識」
それを効果的に体現していく為の「技能」
人格を変える練習は、この3つを持ってすれば毎日の生活の中で、習慣として身につけやすいとのことです

これは人格の変革だけでなく、なにか専門技術を習得するときにも応用できる素晴らしい基礎となります

そして行動原理の基礎となる考え方は「インサイド・アウト」です

インサイド・アウト

人は誰でも自分を肯定したい生き物です
自分の生きてきた過去や、信じてきた常識などを否定されたくはないはず

つまり周りが自分の考え方と違っていればそれに対して
・批判的になる
・不快に感じる
・拒絶反応を起こす
などを体験したことがあるはず

この考えをこじらせたとき、自分の失敗を他人や環境のせいにしたり、その場から逃げたりして人間関係が悪化したり、成長の機会を失うことになります
結果、損をします

これを防ぐためには自分の都合のいいように設定した物の見方を変えることが必要

周りが悪いと決めつけるのではなく、
自分自身の内面(インサイド)を見つめ直し変えてみることから始めて周囲(アウト)をみてみること

このように見方を広げることで「パラダイムシフト」が可能になります

パラダイムシフト

行動とは常にSee→Do→Getの順番に起こされます

Seeは自分の考えを見つめること
Doはそこから起こす具体的な行動
Getはそれによって得た結果

誰かを好きになったとき告白もせずにその想いを諦めた苦い思い出が、あなたにもあるはず
やった後悔よりもやらない後悔

自分の外に助けをもとめて見て見ぬふりして行動すら起こさなければ「失敗した」という結果すら得ることはできません

See「自分にもできるかも! トライしてみよう!」

Do「実際に行動する!工夫と努力を重ねて継続する!」

Get「結果がでる!そこから気づくことや学ぶことがあり自分がレベルアップする!」

行動を起こすことで何も得れないことはありません
まったく行動しなかった自分から、勇気をもって行動した自分をそこに得ているからです

このように、物の見方を転換するパラダイムシフトによって人格をより良く形づける行動習慣が手に入ります

世の中で成功している人間すべてが恐らく、この原則を知らなくてもナチュラルに実行しているであろう基本理念と思います

この基礎をもって、習慣をインプットしていきましょう

第1の習慣『主体的である』


自分の人生でこれからするであろう行動は「自分自身の選択」であることを自覚しましょう
自分がとった行動は、自分が決めたことであり責任をとらなければなりません

そのため「誰かに言われたから」「周りの雰囲気に流されたから」などの言い訳を持ってはいけないということ

例えば、未成年が周りがみんな煙草を吸っているから自分も吸ってしまったという言い訳は警察に通じません
煙草を吸った責任は周りの友人でもなく、場の雰囲気でもなく、吸うことを選択した自分自身だからです

人生を決めるのは自分です
主体性を持って行動することで、歪んだ考えをもった他者の言葉に惑わされることなく、自分が正しいと決めた選択をすることで結果への自覚が変わってきます

主体的な行動により誰かのせいにしないポジティブな発想の転換が生まれ、結果として次の行動が変わります

その行動が失敗した場合
→「次はこう行動していこう」という学習になる

その行動から自分の欠点を露呈した場合
→「少しずつ直していこう」という気づきから目標を得る

影響の輪を広げる

このように主体的な行動を試行錯誤しながら繰り返すことで、あなた自身がもつ影響力も大きくなっていきます

コヴィーはそれを「影響の輪」という言葉で説明しています

この影響の輪は、自分や他人との約束ごとを誠実にこなすことや、努力によって目標をクリアすることで広げていくことができます

それが大きくなればなるほど、周りへの影響力は高まり、やがてカリスマ性として“率先力”を発揮することが可能になります

第2の習慣『終わりを思い描くことから始める』


周りに流されたりせず、ブレずに主体的な行動をとるためにはまず目的となるゴールを決めることが必要です

これらは①自覚 ②想像力 ③良心 を駆使することで見つかるとコヴィーはしています

こうして目的を明確化して決めたゴール(終わり)に向かって進むのに
・やるべきこと
・やるべきでないこと
が区別できることで主体的に選択をすることができ目標達成に近づきます

中心に置くべき原則を決める

そしてこのゴールへと着実に進むためには、道のりに迷ったときに立ち返るべき原則を決めることです

自己・信頼・仲間・恋人・家族・仕事・肉体・名誉・成功・地位・富・信仰

など、あなたが生活の中心に考える「価値観」を利用してブレない軸を手にいれましょう

そこに人生の力点を置くことで日々の言動や行動に迷いがなくなります

まずは最も大切な価値観を決めましょう

第3の習慣『最優先事項を優先する』


人間の活動は4つの領域に分けられるとコヴィーは言います

その中で最も重要な活動領域は
「緊急ではないが重要なこと」
ここにこそ時間を費やすべき優先事項であると彼は考えています

例えばそれは
・人間関係をより豊かにすること
・将来に役立つ自己投資(勉強や計画など)
など人生の充実や、自分の成長につながる活動です

もちろん「緊急で重要なこと」は大切ですが、そればかりに追われたら体力はすぐに尽き行動すらしなくなるので、時間を長く費やすべきではないということです

スケジュールに予定は重視しない

そもそも時間は管理できません
管理しようとタイムテーブル通りに行動することは逆に自分が時間に管理されているからです

予定もこなすことが目的になってしまうと自分が振り回されるだけで質がともないません

そのためスケジュールは「役割」を決めて「目標」を設定することで作られます

例えば、
「役割」が「自分磨き」なら
「目標」は「運動をして痩せる」「スキンケアを徹底する」などになり
「予定」は「ジョギング」や「エステサロンに行く」などで埋められます

しかし、急に自分の尊敬する美容法にくわしい綺麗な先輩からランチに誘われたら、それは「緊急ではないが重要なこと」なので、エステは日付を変更する

これが最優先事項を優先するスケジュールの組み方です

第4の習慣『WinーWinを考える』


強いか弱いか、厳しいか甘いか、勝つか負けるかなど物事を「二者択一」で考える在り方には根本的に欠陥がある

公的成功は他者を打ち負かして手にする勝利ではなく、関わった全ての人の為になる結果をだすこと

こうコヴィーが考えているように、スポーツ以外は「自分も勝ち、相手も勝つ」そんな双方がプラスになることが人間関係でも、ビジネスでも本質になってきます

それっぽく見せて詐欺みたいな商品を高額で売りつけるのは、消費者が損をして販売元だけが得する「Win‐Lose」の発想は醜いものです

そのため物事は両者が欲しい結果を得る「Win‐Win」の思考をもつことが大切です

まずは「全ての人が満足することは可能だ」と考える豊かな思想をもちましょう

第5の習慣『まず理解に徹し、そして理解される』


人間は自分の好きなことを自由に話すことに快感を覚えるものです
関西人は特にそうですよね?

ただし、「Win‐Win」の関係を手にいれるためには一方通行の会話ではだめです
自分本位の発信をやめ、相手のペースに合わせる努力をすることが必要になります

それには「共感による傾聴」が効果的です
・相手目線で話を聴く
・心からの相手を理解しようとする
・相手が何を言ったかでなく「どう感じたのか」に注目する
・相手に感情移入して聴く

自分の話したい欲求を抑えて、傾聴したことに回答するときも自分の物差しで話さないことを心がけましょう

第6の案『シナジーを創り出す』


シナジーとは全く違ういくつかが、お互いにない部分を補強して個別よりもはるかに大きな成果を得ること

この本質は「相違点を尊重すること」
自分と相手との違いは率直に認めることで、自らの考えが見えてきたり、個人能力のみでの限界がわかることにもなります
そして相手の長所から学ぶこともできます

第3の案を生む

第1の案をもつAと第2の案をもつBが、信頼と協力をもって深く理解することで新たなアイデアである第3の案が生まれるのです

それは個人ではとても敵わないほど強力なものになります
そのため、信頼のおける人材とシナジーを繰り返していけば、より優秀なチームになることも、個人の質を高めることも可能です

そしてそれには自分自身が信頼される人格者となるために相違点を拒絶せずに尊重することを習慣づけましょう

第7の習慣『刃を研ぐ』


Physical
・運動トレーニング
・整体メンテナンス
・バランスの良い食事
・十分な睡眠と休息
これらで造られる「持久力や柔軟性のある健康な肉体」

Mental
・マインドフルネスや瞑想
・マインドマップなどの自己啓発
・芸術や音楽に触れる
これらで養われる「自らの価値観と向き合う精神力」

Intelligence
・読書などで知識量を増やす
・必要な情報をネットで収集する
・そうして得た知識をアウトプットする
これらで得られる「正しい情報を選択し発信する知性」

Communication
・優秀な人材と話し合う
・社会貢献を考える
これらで育てられる「社会で他人との関係を強化する情緒」

これら4つの側面をバランスよく刃のごとく研いでいくことが必要です
これらが鋭く研がれたとき、人格はリニューアルされて自分の価値が高まります

そしてこれは第1から第6までの習慣をシナジーさせることで実現するものです

あとは意欲をもって、この7つの習慣を毎日にとりいれましょう


完訳 7つの習慣

関連記事

ページ上部へ戻る