肺を膨らませてカラダを変える

※再掲載記事

体内にある2つの風船、肺は大きく膨らませて胸を拡げることで、身体を内側からストレッチすることができます

それは筋膜のつながりや、筋肉や関節の働きまでも変えてしまうことが起こりえます

肺の動きに関わるもの

肺は横隔膜と肋間筋に囲まれた胸郭の中にあり、空気を吸うことで胸郭が拡がって肺に入り、それに合わせて膨らんでいきます
空気を吐けば逆に胸郭が狭まり、内圧差により空気が押し出されるようにして肺がしぼみます

肺が膨らむということは胸骨・肋骨・脊椎で囲まれた胸郭を拡げるということです
そのため体内を拡げてスペースを造るこの行為は、骨格と関節を動かし、筋肉や筋膜を内側から引き伸ばすことが可能となります

さらに肺を大きく使うことは、血中の酸素交換を促し、脳の働き、神経の働きに効果をもたらします

この胸郭を拡大、収縮させるポンプ運動には、呼吸筋(呼吸を行う筋肉の総称)によって行われます

呼吸筋の種類
・横隔膜
・内肋間筋 / 外肋間筋
・胸鎖乳突筋
・前斜角筋 / 中斜角筋 / 後斜角筋
・腹直筋 / 内腹斜筋 / 外腹斜筋 腹横筋

正常安静時の呼吸では、息を吸う(吸気)時は主に横隔膜の収縮によって行われ、また外肋間筋も使用される

息を吐く(呼気)時は筋肉の力は必要なく、膨らんだ肺が自然にもとに戻ろうとする力によって行われます

空手の息吹のような、思いきり吸って吐く時には、
吸気では頚まわりの筋肉である胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋が使われて、
呼気では腹部の筋肉である内肋間筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋が呼吸を補助してくれます

それだけ深呼吸による肺の伸び縮みには多くの筋骨格が関係して、一種のエクササイズトレーニングとなります

特に横隔膜のゴムのような特性をもった筋肉の動きをよくすることは、身体各部の動きを滑らかにして、内臓の位置にまで影響を与えることができます

胸膜や腹膜は身体の前面を固く縮まて背中を丸まらせることです
呼吸筋をしっかり活用することはこれらを防止することになります

さらに肋間筋を柔軟に伸び縮みさせることで、肋骨の動き、肩関節の動きを滑らかにしますし、
腹圧を高めることで腹筋群のインナーマッスルを強くすることは姿勢維持にも役立ちます

姿勢を支え、正しく保つのは下半身と骨盤周辺の役目ですが、上体の問題は全身の機能に影響を及ぼします

あなたの肺はちゃんと膨らんでいるか?

身体を内側から緩めるために深呼吸をして胸郭を拡げようとしたとして、それにはまずあなたの肺の膨らむ動きが最大限できているかをチェックしたいところです

なぜなら肺を動かすのは筋肉です
筋肉は省エネを覚える優秀な細胞ですが、それは使わない部分は動きを弱めて必要最小限の働きしかしなくなるというデメリットを生み、

さらに肺自体も伸縮性をもった臓器ですから動き方にはクセが出ます

そのため、ほとんどの人間が肺を上手く膨らませていません

さらに現代人は呼吸が非常に浅くなっているわけなので、胸郭を拡げるのも困難になります

しかも左右2つの肺は対称ではなく、右肺は3層構造(上葉・中葉・下葉)で左肺は2層構造(上葉・下葉)と、左側に心臓がある分、右肺のほうが大きく拡がります

それに鼻からの呼吸も左右の穴が数時間おきに交代で行っています
(呼吸する働きと匂いを嗅ぐ働きを左右交代で行っているとの説)

このようなことから左右のクセだって生まれてしまいます
なのでキッチリと呼吸筋を活用して、胸郭を中心とした身体各部に好影響を与えていくためには、全肺の伸縮性を使えるようになりましょう

肺の拡がりチェック

肺が大きく膨らむかチェックするには、ペアとなる人がいたら理想的です

その場合、チェックされる側のあなたは仰向けになり、両腕をバンザイして上に伸ばします

そしてチェックする側の人は、仰向けでいるあなたの頭側に座らせて両手で胸部から肋骨を絞るように持ってもらいます

そのうえであなたは肺を膨らますように深呼吸してペアに左右の肺の膨らみ方をチェックしてもらいます

左右を比べて、もし片側どちらかがあまり膨らんでいなければそちら側に、
そしてもちろん胸側には膨らむが肋骨側には膨らまないというケースであれば同じように方向を意識して膨らませてみましょう

このように機能が弱いその部分・方向に向けて筋肉を動かし、空気を送り込むイメージで膨らませて、まるごとフルに使えれるようにして体内から身体を調整できる機能の恩恵を受けましょう

関連記事

ページ上部へ戻る