宣伝サイトへの無料掲載 集客媒体トライ&エラー

(2020/12/19 過去投稿 再UP)

エキテン

無料で掲載できる地域特化の店舗紹介サイト

 

NGワードも多く、文章との関連を顧みずに単語だけでもNG指定された場合、“全文章ごと”削除されるため何度も書き直す必要があるため、初期設定が非常に面倒くさかった印象

 

掲載内容はちょこちょこ変えていあった時期もありましたが、正直まったく集客できないので、現在は店舗方針に大きな変更がないとき以外はほとんどノータッチです

 

しかしこれは、あくまで無料掲載であるからということ

 

エキテン掲載によってかなりの集客ができている整骨院やサロンもある(無料のままかどうかは不明)ので、業種によっては効果が見込める様子(じゃないとサイト自体がなくなるはず)

 

治療も目的とするクリニックや整骨院は、ホットペッパーに掲載ができないため、特に整骨院はエキテンが主流になります

 

Yelp

無料で登録掲載できる、海外ではわりとメジャーな集客サイト(そのため掲載作成時の説明に英語が多い)

 

現在のところ日本での認知度は低く、これからは未知数

そのぶん、まだ掲載数も少ないので、狙い目っちゃ狙い目(そのため「予約サイトyelpで地域人気No.1」を獲得したことをブランディングに使っている店舗もあります)

 

うちも、ランディングを増やすことだけを目的に「来たらラッキー」程度でとりあえず掲載中( 現在の集客はゼロ笑 )

 

当初は、ニューヨークで活動していたアドバンテージを活かして、オリンピックに向けてインバウンド獲得用に英訳しての掲載を計画していましたが、コロナにより保留中

 

Google Business

天下のGoogleが展開するGoogleマップとも連携した店舗紹介サービス

 

Googleマップを広げて「パーソナルジム」「エステサロン」と検索したら、どんどんヒットしていくので、良い口コミをたくさんためておくことで、店舗の近くに自宅や会社がある人、たまたま近くまで来て暇を持て余した人を集客しやすいでしょう

 

このことからAndroidユーザーには視認性が高く、現在すでに飲食業界では必須となっているMEOサービスも注目されていることもあり、今後かなり期待感がある集客媒体です

 

登録と掲載は無料で可能(店内撮影してくれたり、表示順を上げるグレードアップは有料)

 

EVOLCEでは無料プランで掲載しています

それでも閲覧数がかなり高いことが、定期的に送られてくるメールからわかります

 

ただ、店名が英語の場合、登録名の違いだけで検索率が変わったりするので工夫が必要(文字検索は、大文字か小文字か、つづりの違い、カタカナ、平仮名のままという検索のされ方でヒットしないときがある)

 

情報を細かく提示したり、写真を豊富に取り揃え、しかも「来店してみたい」という興味・欲求をそそるアイキャッチにする必要があるなど手間があるのは確かです

 

そのため、掲載料は無料でも、取り組むならかなり労力を使わないといけない媒体です

 

楽天ビューティー

こちらは、ディスカウントチケット予約サイトのように予約来店した金額からの出来高制です

しかし、その出来高は新規時だけでなくリピート時も適用されるという少し銭ゲバ気質の印象

 

ただし「打倒Hot Pepper」を掲げて、集客力はウェブ予約サイト業界2位までいったらしいので、本気度はうかがえる様子

 

とはいえ、シェア86%の1位Hot Pepperとは大差があり、越えられない壁であることは明白なことと、

 

実際に利用してみた知り合いの美容院さんの話では、かなり使い勝手が悪いらしく、利用することを断念しました

 

そのため、こちらのトライがないためエラーのデータもありません

 

他にも「EPARK」などの出来高制予約サイトからも掲載打診の営業がきましたが断っています

 

ジモティー

地域コミュニティ特化の店舗紹介サイト

 

担当はおらず、掲載ページや店舗ジャンルなどはすべて自分で作成

そのぶんNGワードも少なく自由性が高い

 

うちでは、こちらを集客には使わず、チームメンバーの求人募集に利用しています

 

最後に

無料掲載サイトでは、たびたび電話営業で有料掲載にランクアップしないかという打診をしてきますが、全断りしています

 

私は、「ネット集客」「ウェブ予約」に関連する売り込みであれば、どんなサイトであろうと、本当に費用対効果が高く、人気があるなら「電話営業」という本末転倒な非効率なことはしないでいいため一切相手にしません

 

「ネット」での効果的な集客を自慢する会社が「電話」で営業しちゃダメでしょ

 

同じく、こちらがお金を払っての雑誌掲載(有名誌だと、超高額の掲載料で打診してきます)は断っています

 

実際、私がフリーランス時代に請け負っていた店舗が掲載していましたが、地域へのアドバンテージもないため費用対効果以上の集客は期待できないと予想されます

完全にブランディング目的での掲載になります

 

1度うちでも試したのは、大阪市の女性会社員に特化したフリーペーパー「Pretty」です

 

大阪から神戸までの駅構内と、数百の会社に無料配布していて、当店に来てくれている顧客の会社員の方々社内で読んだことがあると認知されていたこと、

熱心な営業さんが印象的だったこと、掲載価格が安価(3万)ということもあり、掲載してみました

 

結果は2名のみ集客という微妙な結果でした( ;∀;)

 

2020/3~「Pretty」はコロナにより休刊中

 

関連記事

ページ上部へ戻る